乗務員

観光タクシー
尾西 真奈
Mana Onishi

東京シティガイド検定 /
東京観光タクシードライバー認定 /
ユニバーサルドライバー研修

2018年入社

Comment

「また、あなたに案内してほしい」と思ってもらえるよう、東京の街を深堀りしたい。

観光×運転。
好きを仕事にできる観光タクシーの乗務員に。

もともと観光業に興味を持っていたので、就職活動では「観光」をキーワードに会社や業界を調べていました。その過程でたまたま日本交通の「観光タクシー」というサービスを知り、運転が好きだったこともあってインターンシップに参加したんです。インターンシップで観光ルートを自作して興味が一層強くなり、EDSの観光タクシーの乗務員を目指そうと決めました。入社後は一般乗務員として勤務しながら、東京シティガイド検定のための勉強やさまざまな研修を受け、2018年入社組では最速で観光タクシーの乗務員になれました。

観光タクシー乗務員は、
お客様のトータルコーディネーターです。

お客様に観光を楽しんでいただく、そのためにはまず観光当日までの下準備が欠かせません。たとえばスムーズな観光ができるように、ご希望する観光スポットまでの走行ルートや近隣駐車場を調べておくことは必須です。他には名所の概要だけでなくその土地の由来や、建物だと建築家のこだわりなども頭に入れておき、お客様との会話のネタを準備します。東京スカイツリーのような施設への入場をご希望される場合は、ご自身でチケットをご購入いただくようにお願いするなど、事前にしっかりとコミュニケーションをとっておくことも重要ですね。

お客様目線の心配りを大切に、
一生の思い出に残る観光を。

私はお客様に感動していただくことを目標にしていますし、それがやりがいでもあります。「感動」と一言で言ってもさまざまですが、お客様の目線に立った心遣いも感動につながっていくと思います。たとえば、記念撮影をされる際に髪型や服装がくずれていたらササッとお直しするように心がけています。お客様が写真を見返された時にもし「髪を整えたら良かったな」「襟が立っているな」と思われると、せっかくの思い出も台無しになると思うので。女性のお客様ならなおさらかもしれません。些細なことかもしれませんが小さな心配りを積み重ねて、感動や最良の思い出を作っていきたいと思っています。

変わりゆく街、東京。
その面白さを多くの人に知ってほしい。

東京という街は日々アップデートしています。最近では山手線に高輪ゲートウェイ駅が開業したり新国立競技場ができたりしているので、1年後や2年後には新しい街の表情が出てくるはずです。それが東京ならではの面白さではないでしょうか。また春だと桜、冬だとイルミネーションといったように季節の移り変わりを楽しむこともできます。日本交通ではそんな東京の魅力を日本人の方はもちろん、海外からのお客様にも楽しんでもらえるよう英語をはじめ広東語や台湾語などを話せる乗務員が在籍しています。私自身としては、東京の面白さを若い方にも知っていただけるようアピールしていきたいですね。

Message

素敵な街を笑顔で一緒に
楽しめるよう努めていきます。

笑顔で楽しい時間をお過ごしいただくためには、大前提として安心感がなければいけないと思います。その点、日本交通ではどのタクシーに乗っても高水準の接客をご提供できるようサービス品質を統一化し、安全運転には最新の注意を払っているのでご安心ください。私個人としてはどんなご要望にも対応できるように、プライベートでも気になる場所やお店には自ら足を運んで情報をストックしています。女子旅などで女性乗務員をご希望の場合は、遠慮なくお申しつけください。思い出に残る楽しい時間をお約束します。